赤いバラと白いバラでは花がもつ意味が異なる

あなたを愛しています。定番カラーの赤いバラの花言葉

定番カラーの赤いバラはとても人気が高く、女性へのプレゼントとして喜ばれます。その花言葉は「あなたを愛してます」「愛情」「情熱」など、熱い思いを表しています。これがつぼみのバラになると「純潔」「あなたに尽くします」などの意味に変わります。

純潔、私はあなたにふさわしい。白いバラの花言葉

「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」といった意味がある白いバラは、友達やお世話になった人など、様々な人に贈りやすいことが特徴です。ですが、白い色は仏花というイメージを持たれやすいので、年配の方には贈らないようにしましょう。

同じバラでも色や形によって花言葉が違う

育てるのが難しいと言われているバラは、夏や冬など時期によって水やりの方法が異なったり虫や病気などにも注意が必要な花です。
しかし、耐病性が高かったり育てやすいものなどバラには非常に多くの品種があるので一般家庭でも十分キレイな花を咲かせることが可能です。

バラの育て方に関するページ

薔薇

季節ごとによって少し異なるバラの育て方とは

バラを育てるには季節によって水の与え方や日光に充てる時間を変える必要があります。また品種によって育て方も異なるのでその部分をしっかりと把握しておきましょう。

READ MORE
バラ

バラの育て方で重要になるポイントを知っておこう

バラを育てるときに、正しい育て方を把握していないと上手くいきません。例えば、鉢の大きさや水をやるタイミングは大切なポイントです。また、害虫問題や苗の選び方なども理解しておかなければいけません。

READ MORE

[PR]人工芝を購入しよう
支払い方法や返品内容が記載中!

[PR]バラの育て方を詳しく解説!
庭先にキレイな花を咲かせよう

きちんとバラの育て方を把握して栽培を始めよう

庭

バラの花言葉とは

バラ全体の花言葉は「愛」と「美」で、古くから相手に気持ちを伝える代表的な花として用いられてきました。育て方や色によって意味合いも変わってきますが、全体的に恋愛に関する花言葉が多いようです。赤いバラは「あなたを愛しています」と愛の言葉が直球で込められていますが、白いバラになると「深い尊敬」といった意味合いが入ってきます。青いバラの場合は「一目ぼれ」や「夢が叶う」といった意味があり、黄色いバラには「嫉妬」や「友情」といった意味が含まれます。ピンク色のバラは「上品」や「感謝」といった意味が込められていますので、お母さんや年配の方など幅広い世代の方に贈ることができます。オレンジ色は「絆」や「信頼」といった意味が多く、友人や家族などに贈る時に向いているでしょう。

プロポーズで渡したいバラ

実はバラは色によって意味が異なるだけでなく、本数によっても意味が変わってきます。特に男性が女性にプロポーズする時には、定番の赤いバラプラス、本数にもこだわりましょう。108本のバラは、ストレートに「結婚してください」となりますし、40本のバラは「真実の愛を誓います」、12本のバラは「私の奥さんになってください」となります。3本や1本だけなどバラの数が少なくても、「愛しています」「私にはあなただけ」という意味がしっかり込められていますので、プロポーズにはぴったりです。さらに、赤いバラの中に白いバラが混ざっていることで、「あなたと温かい家庭を築きたい」という意味にもなりますので、本数だけではなく色にもこだわってバラの花束をプレゼントすれば、素敵なプロポーズになることでしょう。

広告募集中